>

人間にできる仕事

目標を設置しよう

効率的な仕事をするための第一歩として、目標を決めましょう。
大きな目標と小さな目標それぞれが必要です。
大きな目標は、長期的な目標です。これを定めることによって、目指すべきところが明確になります。また、仕事の全体像を把握することができます。大きすぎる目標は無謀で、あまり意味がありません。仕事上の目標は達成できる範囲内でたてることが大切です。
小さな目標は、一日のノルマです。大きな目標を達成ために必要な、一日当たりの目標値を定めます。こちらの目標も達成できる範囲内にしましょう。
「何をすればいいのか分からない」と悩む時間は、効率性の天敵です。常に、何がしたいのか、何をすべきなのか、を把握しておきましょう。

優先順位を決めよう

前もって段取りを頭に入れておくと、仕事はスムーズに進みます。
要するに、自分が今、何をやるべきなのか。それを把握する必要があります。
そこで、ToDoリストを作成することをお勧めします。その日にやるべき仕事を、紙などに書きだしましょう。
業務の進行度を目に見える形にすることで、仕事全体の流れが把握しやすくなります。終わったタスクの量が分かるので、やる気にもつながります。
さらに、リストアップさせたものに、優先順位をつけると良いでしょう。
効率よく仕事を進めたいのであれば、悩む時間は極力省くべきです。
リストを作るタイミングは、前日の夜をお勧めします。良いスタートを切ることが肝心です。その日の朝になって計画を練るのは効率的とは言えません。


この記事をシェアする